【やれば出来る!】WordPressにサイトマップを作成する方法

引越し

 

この記事を読んでわかること

今回は、Google等の検索エンジンにブログの情報を伝えるための設定を行います。

作業には、Google XML Sitemapsというプラグイン(WordPressに様々な機能を追加するプログラム)を使います。

このプラグインは、あなたがブログ記事を書くと検索エンジンに伝わるように、サイトマップ(記事一覧)を作成してくれるモノ。

 

では、今回の作業にどんな意味があるのか?

そして、実際にどんな作業を行うのか?

 

こんにちは。好きな四文字熟語は「焼肉定食」。よしみつです。

今回は、検索エンジン向けのサイトマップ(記事一覧)を作成しましょう。

この作業は、SEO対策としては必須のもの。

ブログを始めたら、早い段階で設定してしまいます。

 

ちなみに、このサイトマップ作成にあたっては、Google XML Sitemapsというプラグインを使うんですよ。

作業は以下の通り3つに分かれますが、難しいところはありません。

さっさと片付けてしまいましょう。

 

 

Google XML Sitemapsとは

 

改めてGoogle XML Sitemapsとは何か?からご説明しますね。

ブログのサイトマップ(記事一覧)を、Google等の検索エンジン向けに作成してくれるプラグインです。

このプラグインがXML サイトマップを作り、それを検索エンジンが読みこむという流れですね。

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]なぜXML サイトマップを作る必要があるの?さっき、SEO対策って言ってたけど…。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]まさにそのSEO対策のためなんだ。今回の作業も、そこに意味があるんだよ。[/char]

 

Googleなどの検索エンジンには【クローラー】という、定期的にサイトを巡回する情報収集システムがあります。
(【クローラー】とは、インターネットの世界を見回っているロボットのようなモノ。)

そのクローラーは、サイトやブログのサイトマップを参考に、世界中のサイトを巡回しているとイメージしてください。

 

例えばあなたのブログにサイトマップがあれば…。

記事を新規に作成した時にはサイトマップが更新されます。

するとクローラーがそれを読み取って、Google等の検索エンジンに知らせてくれるとお考え下さい。

つまり、更新されたサイトマップを読んだクローラーが、「お、新しい記事だよね。」と判断してくれるんですよ。

そのためあなたが作成した記事は、Googleで検索した時に表示されるようになるんです。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]なるほどっ!だから検索エンジン向けに、XML形式の サイトマップを作るのかぁ。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]そういうことだね。[/char]

 

 

[char no=”2″ char=”おー君”]ん~、分かったような気もするけど、自信がないな。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]あぁ、雰囲気が分かればそれで十分だから。[/char]

 

取り敢えず「よくわからないけれど、アクセスアップのために導入が必須なんだな」で結構です。

例えば、「パソコンの仕組みがわからなくても、業務効率UPのために必要なんだ」という感じですかね。

 

なお、繰り返しますがこのプラグインは、検索エンジンに通知するサイトマップを作成するために設定するもの。

検索エンジン用なので、XML形式のサイトマップを人が見ても分かりません。

 

Google XML Sitemapsの導入

 

まずはこの画面から始めます。

  1. WordPressの管理画面にある左メニューの【プラグイン】にマウスポインタを当てます。
  2. 表示されるサブメニューから【新規追加】をクリック。

 

 

下の画面に切り替わります。

白枠で囲んだ部分にGoogle XML Sitemapsと入力します。

 

入力したらENTERキーを押します。

【Google XML Sitemaps】が表示されましたか?

 

 

Google XML Sitemapsの部分を拡大したのが、下の画面です。

【今すぐインストール】をクリックします。

 

下の画面に切り替わるので、【有効化】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

プラグインに【Google XML Sitemaps】が追加されました。

 

以上で、プラグイン【Google XML Sitemaps】のインストール・有効化作業は終了です。

続いて設定作業を行いましょう。

 

Google XML Sitemapsの設定

 

先程の作業でGoogle XML Sitemapsがインストールされているはずです。

  1. 左メニューの【設定】にマウスポインタを当てます。
  2. 表示されるサブメニューから【XML-Sitemap】をクリック。

 

なお、以下の画面の通り、設定済みプラグインの画面で見た【設定】をクリックしても、同じように設定の画面に切り替わります。

 

 

では、切り替わった画面で順番に設定していきましょう。

 

【通知を更新】の3つはすべてチェックを入れます。(最初からチェックされているはずですが、確認はしておきましょう。)

上2つは英語ですね~。それぞれの意味は以下の通りです。

  1. Googleにブログの更新を通知。
  2. Bingにブログの更新を通知。

ブログを公開・更新するたびに、GoogleやBingに通知されるようチェックを入れましょう。

サイトマップのURL云々は、サイトマップの場所を検索エンジンに伝えるためです。

こちらもチェックを入れておきます。

 

 

【高度な設定】は初期設定のままで結構です。

 

【投稿の優先順位】は【優先順位を自動的に計算しない】にチェックを。

後ほど記事毎の優先順位を設定します。

 

 

【Sitemap コンテンツ】では、サイトマップに掲載する記事を選びます。

チェックを入れれば、クローラーの巡回が促進されます

上4つにチェックを入れましょう。

 

ちなみに【ホームページ】はブログのトップページを、【アーカイブページ】は一覧になったページを指すんですね。

 

 

サイトマップに掲載されたくない記事類があれば、チェックを入れておきましょう。

特に何もしなくて良いです。

 

更新頻度を想定して【常時】から【更新なし】まで選択できます。

青丸部分をクリックすると、頻度が選択できますから。

設定は、以下の画面の通りで良いでしょう。

 

 

更新頻度の設定と同じ項目で、それぞれの優先順位が設定できます。

順位は0.0~1.0の間で設定が可能で、優先順位が高いほどクローラーの巡回が促進されます

「ホームページ」や「投稿(個別記事)」の優先順位を高めが良いですね。

 

「う~ん、よくわからん」という場合は、以下の通り設定してください。

最後に【設定を更新】をクリックして設定作業は終了です。

なお、「Sitemap コンテンツ」でチェックしていない項目は、優先順位が0.0でもOKですよ。

次の作業でもこの画面を使いますので、開けたままにしておきましょう。

 

Google Search Consoleにサイトマップを登録する

 

 

いよいよ作業も最終段階です。

もう少しで終わりますから頑張ってください。

 

「Google XML Sitemaps」の設定は完了しましたが、このままでは意味がないんですね。

ですから、「Google XML Sitemaps」を設定したブログと、「Google Search Console」を連携させましょう。

具体的には、Google Search Consoleにサイトマップを登録する、という作業になります。

 

まずは先程から作業をしているWordPressのタグとは別のタグで、Google Search Consoleの管理画面を開きます。

こちらをクリックすれば別タグで開きます。⇒ Google Search Console

 

画面が出たら、【サイトマップ】をクリック。

 

赤枠で囲んだ部分に、コピーしたサイトマップのURLを貼り付けます。

この画面は、このままにしておいてください。

 

別のタグで開いていたWordPressの管理画面に戻ります。

【設定】の【XML-Sitemap】画面を一番上までスクロール。

 

以下の画面が現れます。

コピーするサイトマップのURLは、赤枠で囲んだ部分です。

 

もしWordPressの画面を閉じてしまっていたら、改めて

  1. 左メニューの【設定】にマウスポインタをあて、
  2. 【XML-Sitemap】をクリック。

 

 

こちらの画面を用意してください。

 

「sitemap.xml」の部分をコピーしたら、

  1. 【サイトマップのURLを入力】を書かれている箇所に貼り付け、
  2. 【送信】をクリック。

「sitemap.xml」の部分だけ上手くコピーできない場合は、全体のURLをコピーして無用の部分を削除してください。

 

【サイトマップを送信しました】という表示が出ますので、OKをクリックしてください。

これでブログとサーチコンソールの連携、サイトマップの送信が完了しました。

お疲れ様でした!

 

折角ですので、記事を書きためた結果がどうなるかを見ておきましょう。

Google Search Consoleの【サイトマップ】をクリック。

 

自動的にサイトマップが送信されたことが確認出来ます。

 

赤枠で囲んだ部分【/sitemap.xml】をクリックすると、詳細な情報が表示されます。

 

以下はすべて「成功しました」とありますが…。

もし、「取得できませんでした」という表示が出ても心配無用。

1週間くらい時間を空けてから、再度チェックしてみましょう。

 

ブログの記事一覧(サイトマップ)は、間違いなく検索エンジンに通知されていることが確認出来ましたね。

これでSEO対策のためのサイトマップの作成は完璧です!

改めて、お疲れ様でした。

 

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]「WordPressでブログを始めたいわぁ。」[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]「そんなあなたにおすすめしたいのはエックスサーバー!」[/char]

 

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

Xserver

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました