【レビュー】ビジネスリュックはサムソナイト 中年ビジネスマンにもおすすめの3つの理由 

ビジネス

 

この記事を読んでわかること

中年ビジネスマンにもおすすめできるビジネスリュックのご紹介です。

ビジネスリュックは、用途やシーンに応じて「手に持つ」「肩にかける」「背負う」と使い分けが可能。

購入にあたってのポイントは、

  • 落ち着いたシンプルなデザイン。
  • PCやA4判の書類が楽に収納できる容量。
  • 軽量かつ優れた耐久性。

といったところ。

私のおすすめは、スーツケースでもおなじみのSamsoniteの【ヴェスター】です。

 

10年ほど前からビジネスリュックを愛用しているよしみつです。

ビジネスマンの必需品である「ビジネスバッグ」。

実用性を考えるなら、「手に持つ」「肩にかける」「背負う」が使い分けられる3wayがおすすめです。

かーちゃん
かーちゃん

ビジネスシーンを考えると、どんな使い方をする時間が長いの?

よしみつ
よしみつ

やっぱり、①移動、②商談相手との面談だね。

 

そうなんですね。

移動時間が最も長いので、「背負う」ことが出来るビジネスリュックは本当に楽なんです。

 

しかしながら、

ビジネスバッグであることを考えると、派手な装飾のないシンプルなものであること。

スーツとの相性を考えれば、カッチリとした印象を与えるものであること。

は最低限の条件かと。

 

さらに、

  • PC収納機能
  • 一泊程度の出張時に使える収納量
  • 手頃な価格(出来れば¥30,000以下)

も不可欠な条件ですよね。

 

そんな要望を叶えてくれるのが、Samsoniteのビジネスリュック【ヴェスター】という訳です。

 

結論

では、早速結論から。

 

中年ビジネスマンにもおすすめする3つの理由

【Samsonite】というブランドや、¥23,100(税込み)というお手頃価格。

落ち着いたデザインながら、目を引くレイアウト。

ビジネスシーンに必要不可欠なPC収納部のクッションパッドや、大容量の書類でも収納しやすいマチ拡張機能。

 

ということで、本記事では「【レビュー】ビジネスリュックはサムソナイト 中年ビジネスマンにもおすすめの3つの理由」について書きます。

 

Samsoniteのビジネスリュック ヴェスターとは?

私が購入したのがこちら。

Samsoniteのビジネスリュック 【ヴェスター】。

Samsonite(サムソナイト)は、1910年にアメリカで創業したスーツケースやバッグ類のブランドです。

その歴史は1世紀以上で、スーツケースのシェアは世界一。

現在も世界中のビジネスマンとツーリストを支え続け、ブランドの地位を確立しているんですね。

 

私は、30年以上も前に初めて購入したスーツケースがSamsoniteでした。

あなたもそうではありませんか?

 

さて、本記事でご紹介するSamsoniteのビジネスリュック 【ヴェスター】。

ビジネスリュックの中でもお手頃価格の¥23,100(税込み)です。

 

「Samsonite」という馴染みのあるブランドや、価格が¥23,100(税込み)であること。

これらは、中年ビジネスマンにとって安心感につながるものといえるでしょう。


Samsoniteのビジネスリュック ヴェスターのデザインとレイアウト

ところで、このヴェスターに関するSamsoniteの商品説明は以下の通りでした。

 

スタイルと機能を兼ね備えたユニークなビジネスコレクション「ヴェスター」。落ち着いたトーンながら目を引くレイアウトで設計されており、いつものスタイルに都会的な印象をプラスします。外観だけでなく内装も細やかにデザインされ、ビジネスツールを整頓できるオーガナイザーポケットや、外部からの衝撃を緩和するクッション層入りPC収納パッドなどを装備。シーンに合わせて選べる型展開で、様々なビジネスパーソンのニーズにマッチするコレクションです。

引用:Samsonite公式HP|ヴェスターについて

ポイントは、

  • 落ち着いたトーンながら目を引くレイアウト。
  • 都会的な印象。
  • 外観だけでなく内装も細やかにデザインされている。

といった点ですね。

 

メーカーのうたい文句ではありますが、「目を引くレイアウト」にはうなずけるものがあります。

年齢を気にして【守りに入る】のって、まだまだ早いじゃないですか。

ビジネスシーンにおけるグッズも、どこか少しだけ他の人とは違うよ、と。

そんな気持ちを持ち続けるうえで、【ヴェスター】のレイアウトはうってつけだと思う次第。

 

ではここで、【ヴェスター】の画像を見ていただきましょう。

唯一残念に思うのがこのエンブレムですね。少々大きいと思いませんか?

 

横にしたところ。

 

後ろから見たところ。

クッション部分は背中にスッと馴染む感じ。

重い荷物を背負った時もストレスを感じませんでした。

 

 

こちらはリュックストラップ。

 

なお、リュックストラップは、こんな感じできれいに収納も出来ますから。

収納したことによる妙なふくらみもありませんし。

 

スーツケースとセットアップも出来ます。

長期出張の際も、日用品はスーツケースに、PCや書類はビジネスリュックに、といった使い分けが可能です。

 

ファスナーの引き手にも「Samsonite」ロゴが。

 

なお、Samsoniteのビジネスリュックには【ヴェスター】以外のシリーズもあります。

ビジネスシーン向き&¥30,000以下のものをピックアップしました。

 

名称サイズ価格素材その他
ヴェスター43 x 29 x 13 cm¥23,100(税込み)ポリエステルショルダーストラップなしのタイプも有り。
シンプライト41x 29 x 9cm¥23,100(税込み)ポリエステルスポーティーで軽量なデザイン。
トレードマスター30 x 40 x 10 cm¥26,180(税込み)コーデュラバリスティックナイロンS(28 x 40 x 8 cm)、M(29 x 41 x 9 cm)もあり。
バイアススタイル31 x 43 x 14 cm¥23,100(税込み)PVCコーティングポリエステル他のシリーズよりも少々カジュアル色強し。
デボネア431 x 41 x 10 cm¥29,700(税込み)ナイロンシンプルでどんなスタイルにもマッチしやすい外観。

 

 

うんちく

ポリエステル:耐久性に優れた特徴があり、速乾性も高い。リュックが濡れた時・汗でムレた時などは、他の素材に比べて早く乾く。

コーデュラバリスティックナイロン:ナイロンの5倍程度の強度を持ちつつ、柔軟性も併せ持つ。

ナイロン:他の素材に比べて引き裂きや衝撃に強いく、光沢感と滑らかな手触りがある。

 

 

【ヴェスター】と【シンプライト】は、他のシリーズと違って「縦長」なんです。

通勤時は前に抱え、移動時はほとんど背負っているわけですから、縦長の造りは体に馴染むかと。

抱えた時・背負った時の違和感がない、という感じですね。

 

なお、【ヴェスター】のサイズ(43 x 29 x 13 cm)は実にコンパクト。

そのため、公共機関でストレスなく持ち運びできるんですよ。

これは大きなメリットです。

 

 

Samsoniteのビジネスリュック ヴェスターのビジネスシーンに必要不可欠な機能

まずは真横から見たところと、ファスナーを全開にしたところ。

書類やPCの出し入れも楽に出来るマチ拡張機能付きです。

 

ファスナーのツマミも大きく、開閉時にストレスを全く感じません。

 

こちらはPC収納部。

クッションパッドが装備されているので、移動時にも安心感があります。

 

こちらはメインルーム。厚さ6㎝までなら収納可能です。

 

折り畳みの傘も余裕を持って収納できます。

 

 

Samsoniteのビジネスリュック ヴェスターはビジネスシーンでもスマート

ビジネスリュック最大の特徴は、用途やシーンに応じて「手に持つ」「肩にかける」「背負う」と使い分けられること。

中でも「手に持つ」シーンは、ビジネス上でも大切な時が多いですよね。

 

だからこそ、バッグのハンドルはしっかりとしたものが必要です。

その点ヴェスターのハンドルは、こんな感じ。

「タテ持ち」でも「ヨコ持ち」でも、安っぽさを感じさせません

 

商談時には手で持てば、全く違和感がありませんね。

無用な装飾もないので、ビシッと決めることが出来ます。

 

なお、ハンドルが短めなので、背負った時に横にはみ出しません。

 

個人的には、ハンドルがはみ出してしまうとちょっとカッコ悪いかなと。

それに、前に使っていたビジネスリュックはハンドルが横にはみ出すタイプだったんですけど。

 

一度他人の傘をひっかけたことがあって、それ以来このタイプはNGにしています。


Samsoniteのビジネスリュック ヴェスターのレビューまとめ

本記事では「【レビュー】ビジネスリュックはサムソナイト 中年ビジネスマンにもおすすめの3つの理由」について書きました。

改めて、おすすめの理由を。

 

おすすめの理由

【Samsonite】というブランドや、¥23,100(税込み)というお手頃価格。

落ち着いたデザインながら、目を引くレイアウト。

ビジネスシーンに必要不可欠なPC収納部のクッションパッドや、大容量の書類でも収納しやすいマチ拡張機能。

 

 

よしみつ
よしみつ

ご紹介した「ヴェスター」が、あなたにとって新たな相棒になれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました