【絶対安心】WordPressのバックアップをとる2つの方法 初心者限定

引越し

 

この記事を読んでわかること

WordPressのバックアップを取る方法を2つご紹介します。

バックアップとは、「不時の事故や危険に備えて、二重に守り支援する態勢やそれを整える」こと。

ブログで言えば、データが失われた時等に復元できるようにすることを言います。

ブログを始めたのであれば、バックアップを取ることは習慣にしましょう。

では、初心者向けのバックアップの方法にはどんなものがあるのか?

そして、具体的な設定方法とは?

 

 

バックアップを取る理由

そもそも、なぜバックアップを取るか?ということですが。

一言で言えば、「あなたの大切な財産であるブログを守る」ため。

 

ブログを運営していると、必ず一度は「画面が真っ白!」という経験をします。

ちなみに、私は過去2回経験しました。

こんな感じになりましたね。

 

その時のディスプレイの画面がこちら。

 

なんだよ、これ…。

 

[char no=”1″ char=”よしみつ”]これを見た時は、「うひょー!」って叫んじゃいましたよ。[/char]

 

もしあなたがバックアップを取っていなければ、コツコツ書いた記事が無駄になるのです。

記事作成に費やした時間や、ブログ構築にかけたお金も

 

でも、バックアップさえ取っておけば、元の状態に復元することも出来ますから。

つまりは、「あなたの大切な財産であるブログを守る」ことが出来るのです。

(「真っ白の画面」は心臓に悪いですが。)

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]要するに、バックアップは必ず取っておけ!ということね。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]その通り。ブログを始めたら、早目に取り掛かって欲しい作業だね。[/char]

 

 
 

バックアップを取る2つの方法

では、具体的な説明を始めますね。

バックアップを取る代表的な方法には、以下のようなものがあるんです。

 

プラグインを利用する方法

サーバーを利用する方法

 

ということで、今日はその2つの方法をご紹介します。

どちらの方法も、画像をたくさん使って分かりやすく説明しますんで。

 

プラグインUpdraftPlusでバックアップを取る方法

私は以前、【BackWPUp】という有名プラグインを利用してバックアップを取っていました。

ただ、「バックアップを取るなら、【UpdraftPlus】というプラグインが良い。」というサイトを見かけるようになりまして。

で、気になって早速調べてみました。

 

まずは、【UpdraftPlus】の実力をBackWPUpと比較して見ておきましょう。

 

始めに【UpdraftPlus】から。

下の画面の赤枠の中に注目してください。

評価は☆5つ

 

続いて、BackWPUpです。

こちらも下の画面の赤枠の中に注目してください。

評価も☆4つ半ですね。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]あれ?【UpdraftPlus】の評価って随分高いのねぇ。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]【UpdraftPlus】は、知名度はないけど「隠れた実力者」といった感じかな。[/char]

 

では、【UpdraftPlus】はどんなタイプの方に向いているんでしょうか。

このプラグインに向いているタイプを挙げておきますね。

 

WordPressを始めて間もない方(BackWPUpよりも扱いが簡単!)

万一ブログに何かあった時、復元に手間や時間がかかる(と思っている)

容量が大きい、しっかりしたサーバー(エックスサーバー)を使用している方

 

要は、【UpdraftPlus】は初心者向けということなんですね。

 

逆に、上記3点に当てはまらなければ、【UpdraftPlus】のインストールは見送ったほうが良いかと。

特に、サーバーの容量が小さいような、格安のサーバーをお使いであれば。

インストールは慎重にご検討ください。

バックアップしきれない例もあるようですから。

 

[char no=”1″ char=”よしみつ”]今後のことを考えたら、初心者におすすめは【エックスサーバー】1択です![/char]

 

UpdraftPlusの導入方法

では作業に取り掛かりましょう。

導入から設定までの手順は、概略以下の通りです。

 

 

インストール作業に取り掛かるまえに、同じバックアップ機能を持つプラグインがあれば、機能を停止します。

同じ機能を持つプラグインの併用は無意味だし、時に有害なので。

 

同じ機能を持つプラグインの停止

もしあなたが、同じ機能を持つBackWPUpをインストールしていれば。

この作業を始める前に削除する事をおすすめします。

インストールするプラグインの数は、出来れば少ないほうが良いですから。

 

では、その手順からお伝えしますね。

下の画面の青丸部分をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

【プラグインを停止しました。】という表示があればOKです。

バックアップ機能を持つ他のプラグインをインストールしていたら、同様の作業をおすすめします。

なお、BackWPUpは、【UpdraftPlus】をインストール・有効化した時点で削除してしまいましょう。

 

UpdraftPlusのインストールと有効化

続いて、【UpdraftPlus】をインストールします。

WordPressのダッシュボードを開いて、

  1. ナビゲーションメニューの【プラグイン】にマウスポインタを当てて、
  2. サブメニューの【新規追加】をクリック

 

下の画面に切り替わります。

【キーワード】に、【UpdraftPlus】と入力し、【Enter】キーを押します。

 

下の画面が現れるので、【今すぐインストール】をクリック。

 

インストールが終了すると、下の画面になりますので【有効化】をクリック。

以上で作業は終了です。楽勝でしたね。

では、念のため、テストの意味でバックアップを行ってみましょう。

 

UpdraftPlusでバックアップをテスト

【UpdraftPlus】を有効化すると下の画面に切り替わるので、【設定】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

赤枠の【今すぐバックアップ】をクリック。

なお、当然のことながら、この時点ではバックアップ回数は0です。

 

ちなみに、バックアップの対象となる【ファイル】、【データベース】とは以下の通りです。

【ファイル】 : WordPress本体や動画、画像、プラグイン、テーマなど

【データベース】 : 記事や管理画面の設定情報など 

 

 

作業を続けましょう。

下の画面が現れます。

    1. 赤枠で囲んだ部分はチェックが入っているはずです。
      (チェックがなければ、クリックしてチェックを入れてください。)
  1. それを確認したうえで、【今すぐバックアップ】をクリック。

 

 

すぐにバックアップが始まり、終わり次第下のような画面に切り替わります。

【閉じる】をクリックします。

 

 

以下の画面に切り替わります。

赤枠で示した通り、バックアップは成功していますね。(バックアップの回数も、0⇒1になっています。)

 

なお、バックアップしたデータの格納場所は、後ほど設定しますのでご心配なく。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]え?これだけなの?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]そうなんだ。簡単でしょ![/char]

 

UpdraftPlusで復元をテスト

続いては復元の作業です。なんとなく楽しみですね。

復元が簡単に出来ることが、このプラグインの「売り」なわけですから。

どれほど簡単なんでしょうか。

 

では復元作業を始めましょう。赤枠の【復元】をクリック。

 

  1. 「全てを元に戻す」場合は、全てにチェックを入れます。(復元したい項目があれば、それだけにチェック。)
  2. 【次へ】をクリック。

 

 

下の画面に切り替わります。赤枠内の【復元】をクリック。

 

 

下の画面に切り替わります。

【Restore successful!(復元成功)】と表示されれば、OKです。

 

以上で、復元作業も完了です。テスト結果は問題なしですね。

これでバックアップを取る体制が整いました。

 

次の作業のため、【Return to UpdraftPlus configuration 】をクリック。

 

自動バックアップのための設定

ここまでの作業で、戸惑うような部分は無いと思います。

とはいうものの、毎度手動でバックアップ作業をするのも、少々億劫ですよね。

そこで、より効率的に【UpdraftPlus】を使うために、幾つかの設定を行います。

 

スケジュールの設定

【設定】タブをクリック。

 

 

下の画面が現れます。

ここで「ファイル」と「データベース」のバックアップスケジュール、保存先を決めましょう。

保存先は、無料の【Dropbox】がおすすめ。設定も簡単だし。

 

ちなみに、ファイルのバックアップスケジュールは、以下の通り選択できます。

 

データベースバックアップのスケジュールも同様です。

ブログの更新がなかなか出来ないようであれば、【1週間ごと】で十分。
(「ブログは毎日更新しているよ」という方は、【12時間ごと】や【1日ごと】を選択してください。)

 

バックアップの保持数は、1週間ごとであれば【2】でOK。

毎日バックアップを取る方は、5以上を目安にしてください。

 

続いては保存先を選択しましょう。

 

保存先の選択

続いて、バックアップしたデータの保存先を選択します。

【Dropbox】を選択したという前提で、ご説明しますね。

 

Dropboxをクリックします。

 

一番下までスクロールし、【変更を保存】をクリック。

 

下の画面が現れます。

赤枠で囲んだ部分をクリック。

 

以下の画面に切り替わります。

Googleアカウントをお持ちであれば、【Googleでログイン】をクリック。

 

以下の画面になりますので、赤枠内のアカウントをクリック。

 

画面が切り替わりますので、【許可】をクリック。

 

下の画面が現れますので、【Complete setup】をクリック。

 

このような表示が出ます。設定中ですね。

 

このような表示が出れば、設定が完了です。

 

なお、Googleアカウントのメールアドレスには、Dropboxからメールが配信されているはずです。

 

内容はこういうもの。【はい】をクリックしておきましょう。

 

以下の表示が出ます。

 

UpdraftPlusで手動バックアップを取る

以上でバックアップを行う準備が整いました。

では、現時点でのバックアップを手動で取ってみましょう。

 

  1. 【バックアップ/復元】タブをクリック。
  2. 【今すぐバックアップ】をクリック。

 

画面が切り替わります。

  1. 上から3つにチェックを入れ、
  2. 【今すぐバックアップ】をクリック。

 

ちなみに、英文の意味ですが。

一番上は「バックアップにデータベースを含めますか?」、2番目は「バックアップにファイルを含めますか?」です。

 

すぐに画面が切り替わります。

 

以下の表示が出たら、バックアップは完了です。

 

 

続いて復元作業に取り掛かりましょう。

バックアップしたデータが表示されていますので、【復元】をクリック。

 

 

復元したい項目にチェックを入れて、【次へ】をクリック。

 

復元途中はこのような表示が出ます。

 

このような【警告】が出る場合があります。

先に進めませんので【復元】をクリック。

 

エラーが表示されましたね。でも、ご心配なく!

【古いディレクトリを削除】してくださいとのことなので、指示に従います。

【Return to UpdraftPlus configuration 】をクリック。

 

戻った画面の上の方にある【古いディレクトリを削除】をクリック。

 

以下の画面が現れます。

「古いディレクトリを正常に削除しました。」を確認したら、赤枠の【Return to UpdraftPlus configuration 】をクリック。

 

最初の画面に戻ります。

もう一度【復元】をクリック。

 

先程と同じ手順で作業します。

 

この画面がすぐに出てくると思います。

構わず【復元】をクリック。

 

以下の画面が現れます。

【Return to UpdraftPlus configuration 】をクリックします。

プラグインの設定画面に戻ります。

画面上部に【バックアップが復元されました。】というメッセージが出ていればOK。

 

以上で、プラグイン【UpdraftPlus】を使ってバックアップを取る方法は完了です。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]画像が多いからどんなに大変かと思ったけど…。難しいところはなかったわね![/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]でしょ!これで「万一の場合」も安心だよ。[/char]

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]「WordPressでブログを始めたいわぁ。」[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]「そんなあなたにおすすめしたいのはエックスサーバー!」[/char]

 

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

Xserver

 

 

エックスサーバーでバックアップを取る方法

 

[char no=”2″ char=”おー君”]確かに簡単だけど、プラグインは出来る限り使いたくないんですよね。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]それなら、サーバーを使ってバックアップを取る方法もあるよ。[/char]

 

下は、エックスサーバーのサイトから抜き出した画面です。

【自動バックアップ】の表記がありますね。

 

【自動バックアップ】をクリックすると現れるのが下の画面。

 

自動バックアップの状況は、【サーバーパネル】⇒【アカウント】⇒【バックアップ】⇒【自動バックアップ状況確認】で、以下の通り確認できます。

 

それにしても、サーバー操作でバックアップが出来るなんて。

 

ただし、自動バックアップのデータは、以下の通り【有償】です。

 

なお、MySQLデータベース(特定のデータベース)のみ、【無償】になりました!

 

 

ちなみに、「サーバー領域データ」や「MySQLデータベース」とは、何か?

分かりやすく言えば、以下の通りです。

 

サーバー領域データ(Web・メールデータ) : ブログの外観をつくっている外身の部分

MySQLデータベース(特定のデータベース) : ブログの内容を記録している中身の部分

 

「自動バックアップ」で、MySQLデータベース(特定のデータベース)だけとはいえ【無償】とは。

「やるなっ、エックスサーバー」と言えるでしょう。

 

バックアップが必要不可欠なのはご存知の通り。

プラグインを使いたくなければ、「エックスサーバー」を使ってバックアップを取りましょう。

 

注意!
バックアップの対象となるデータのうち、特に「画像」は重いファイルになりがち。

安いサーバーですと、その重さでパンクしてしまうことも有り!

エックスサーバー以外のサーバーをお使いの方は、今回の作業をする前にサーバーの容量をご確認ください。

ちなみに、エックスサーバーのX10(一番安いプラン)の容量は、200GB

この位あれば安心ですね。

 

サーバーでバックアップを取る手順は、以下の通りとなります。

 

【ファイル】のバックアップ

早速作業を始めましょう。

初めにエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

赤枠の中に必要情報を入力して、【ログイン】をクリック。

 

下の画面が表示されます。「ある項目」を探します。

 

少し拡大しました。

探すべき「ある項目」とは、赤枠の【バックアップ】です。

こちらをクリック。

 

下の画面が現れます。

赤枠で囲んだ【ホームディレクトリ】とは、「サーバーにアップロードされているすべてのデータ」です。

 

【ホームディレクトリ】は、個々のデータに比べれば大容量。(当然ですが。)

そのため、ダウンロードには時間がかかりますし、場合によってはダウンロードに失敗することも。

例えばこんな感じ。

左は、赤丸で囲んだデータのみをダウンロードして成功した結果。

右は、ホームディレクトリのダウンロードに失敗した結果です。

 

ダウンロード失敗の原因をカスタマーセンターに確認し、得た回答は以下の通りです。

 

一度にホームディレクトリのような、大容量のデータをダウンロードしようとすると失敗することもある。

全てのデータをダウンロードする場合は、一つ一つダウンロードして欲しい。

 

手間はかかりますが、仕方ありませんね。

まぁ、一番良い方法を考えると…。

バックアップは、それが必要になったデータのみ行うことかと。
(WordPressをバージョンアップした時や、プラグインを更新した時など。)

 

ここでまとめておきますと、【対象ディレクトリ】には2種類あるんですね。

それぞれ、以下のような場合にダウンロードします。

「ホームディレクトリ」は、転送したプログラムやデータを全てバックアップしたい時。

個々のドメイン等は、それぞれのデータをバックアップしたい時。

 

 

今回は、初めてバックアップする(データの容量が小さい)という想定で、全てのドメイン・データをバックアップします。

バックアップ作成の欄にある、赤枠の【ダウンロード】をクリック。

 

 

下の画面が現れます。ダウンロード開始です。

 

ディスプレイの画面左下には、こんな表示が出ます。

左側の赤枠内では表示が回転します。右側では色が変化しています。

ダウンロードが完了するまで待ちましょう。
(ちなみに、私が一番最初にバックアップした時は、終了まで約5分かかりました。)

 

ここでダウンロードしたデータを確認します。

  1. ダウンロードしたファイルの右側、赤枠の矢印をクリック。
  2. 表示の中から【フォルダを開く】をクリック。

 

下の画面の通り、ダウンロードされたデータがあります。(表示は大アイコン。)

あなたの表示画面と異なっている かもしれませんが、落ち着いてデータを探してください。

データの表示が確認できれば、「ファイル」のバックアップは完了です。

 

【データベース】のバックアップ

続いて「データベース」のバックアップを行います。

サーバーパネルの左上にある【ServerPanel】をクリックします。

 

最初の画面に戻りました。

下の画面の通り、データベースの中の【MySQL設定】をクリックします。

 

下の画面が現れます。

赤枠で囲んだ【手動バックアップ】のタブをクリック。

データベースが表示されるので、これらを全て、一つ一つダウンロードしていきます。
(画面上の【データベース】の数は、人によって異なります。)

「う、面倒臭い!」と思いましたか?

操作は簡単。大切なブログのために、心を無にして作業をしましょう。

 

順を追ってご案内しますね。

  1. 【gz形式】にチェックを入れ、
  2. 【エクスポート実行】をクリック

 

なお、これ以降の部分についても、同じ作業を繰り返してください。

* gz形式とは、圧縮したデータファイルの形式の事です。

 

【エクスポート実行】をクリックすると、下の画面に切り替わります。

数秒経ってもエクスポートされない場合」は、【ダウンロードする】をクリック。

 

本来は、自動でエクスポートが実行されます。

私はGoogle Chromeを利用しているので、下の画面が赤枠で囲んだように表示されます。

 

ダウンロードが終わったら。

青丸で囲んだ部分をクリックし、表示されたメニューから【フォルダを開く】をクリック。

 

下の画面のように、ダウンロードフォルダの中にダウンロードしたデータベースが確認できます。

 

以下、同じ作業をデータベースの数だけ繰り返します。

私の場合は、9つのデータベースがあるので9回繰り返します。

 

下の画面は、7つのデータベースをダウンロードした状態。

 

今後ブログを充実させるに従って、バックアップも必要となりますよね。

そうなれば、ダウンロードファイルが手狭になることが容易に予想できるというもの。

 

そのため、バックアップしたデータはすぐに分かるようにまとめておきましょう。

後でやれば良いや、とお考えであれば…。

私のように、多くのファイルに埋もれたデータを探して、時間を無駄にします。

 

ダウンロードしたデータの整理

新規フォルダの作成とデータの移動です。ご存知の方は飛ばしてしまって結構です。

 

まずは、アイコンを大きく表示させましょう。(最近特に小さいものが見にくくて…。)

ダウンロードの画面の中で右クリックすると下の画面が現れます。

【表示】にマウスポインタを当てて、【大アイコン】をクリック。

 

これですべてのアイコンが大きく表示されます。

流石に「大アイコン」に換えておけば、間違ったファイルをフォルダーに入れることも無いでしょう。

 

作業を続けましょう。

ダウンロードしたデータを格納するため、フォルダーを新規作成します。

ダウンロードの画面の中で右クリックし、現れたメニューから【新規作成】にマウスポインタを当てます。

表示された【フォルダー】をクリック。

 

下の画面の通り、赤枠で囲んだバックアップフォルダが出来ました。

この中に、データベースを移します。

 

1つ目のアイコンをクリックしたら、キーボードの【Ctrlキー】を押したまま操作します。

ダウンロードしたデータベースのアイコンを1つ1つクリックし、

  1. 全ての選択が完了してから青く反転した部分を右クリック
  2. 表示される操作の選択は【切り取り】をクリック

 

その状態のまま、予め作っておいたファイルを右クリック

表示されたメニューから【開く】をクリック。

 

ファイルを開いたら、キーボードの【Ctrlキー】+【V】キーを同時に押して貼り付け。

以下の画面のようになります。

 

以上で作業は終了です。

 

バックアップの方法を2通りご紹介しましたが、いかがでしたか。

作業の難易度はそれほど高くないのですが、作業工程は少々多かったですね。

 

ただ、バックアップは、あなたの財産となるブログを守るため、欠かすことの出来ない作業。

慣れてくれば単調な作業ですから、是非習慣化し、安心してブログを運営することにしましょう。

 

お疲れ様でした。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]「WordPressでブログを始めたいわぁ。」[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]「そんなあなたにおすすめしたいのはエックスサーバー!」[/char]

 

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

Xserver

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました