【年収上乗せ】ワードプレスブログの始め方 50代から副業で稼ぐ

引越し

 

この記事を読んでわかること

ワードプレス(WordPress)でブログを始める方法をご説明します。

50代から副業で稼ぐためにブログを始めたいけれど、やり方が分からない。

そもそもネットの記事は横文字の専門用語ばかり。

何を言ってるのかわからないこともあるのに…。

そんな方でもブログが始められるように、ていねいにご案内します。

 

50代ともなると、社内での立ち位置や将来の経済的な見通しが付きやすいですよね。

どちらもちょっと厳しいかな…。

そんな方(私も含めて)は、副業に興味がありませんか?

 

その副業ですが、特に注目を集めているのが「ブログで稼ぐ」こと。

 

  • 自分の好きなことを書いて
  • 在宅で
  • 他人に知られず
  • 誰の指図も受けない

 

点がメリットかと。

 

「よしっ!早速ブログを始めてみようか!」と思ってネットで調べてみると…。

解説のサイトは多数あれど、どれもこれも専門用語のオンパレード。

これではやる気も失せてしまうというものです。

 

そこで同年代の私が、「50代の方に少しでもわかりやすく」を心掛けて、この記事を書きました。

早速ご案内いたします。

 

なお、この記事はボリュームがあります。

「お気に入り」に登録してご利用いただければ幸いです。

 

 

 

ブログの開設作業で必要になるもの

 

ブログの開設作業の中で、いくつか必要な物があるんですよ。

そこで、あらかじめそれらを挙げておきますね。

お手元にご用意いただければ、慌てずに済みますので。

 

  • ご自身のメールアドレス
  • クレジットカード

 

 

メールアドレスは、サーバーの利用やドメイン取得の際の、個人情報入力時に求められます。

もし複数のアドレスをお持ちであれば、常に受信をチェックするアドレスをご用意ください。

 

クレジットカードは、「サーバーの申し込み作業時」「ドメインの申し込み時」に使います。

目的は、サーバーやドメインの支払いのため。

 

いずれもお手元にあれば、作業がスムーズに進みますので。

 

ブログの始めるまでの手順

まず初めに、ブログを始める手順をご説明しましょう。

この手順に沿ってご説明いたしますから。

なお、フローチャート中のタイトルをクリックすると、解説記事に飛びます。

 

    1. レンタルサーバーを申し込む。

      今回申し込むのは、有料のエックスサーバー。サポート体制が充実しているので、安心して利用出来ます。

    2. 独自ドメインを取得する。

      「お名前.com」を利用します。業界最大手であり、電話による対応も可。いざという時に安心です。

    3. サーバーと独自ドメインを紐付ける。

      エックスサーバーと独自ドメインに、互いを認識させる(紐付ける)作業です。

    4. WordPressをインストールする。

      エックスサーバーにWordPressをインストールします。

    5. テーマを変更する。

      テーマとは、ブログ全体のひな形(デザイン)の事。初期設定は少々見栄えが悪いので、格好の良いものに替えましょう。

    6. インストールしたWordPressに必要な設定をする。

      記事を書く前にやっておきたい設定が3つあります。それぞれについてご説明します。

 

実際に作業を進めていただくにあたり、1つ注意を。

作業にあたっての注意

記事の中でご紹介している画面は、最新のものと異なることがあります

また、使用されている単語も変わっている可能性があります

その場合でも、入力内容そのものに変わりはないので、求められている情報を入力してください

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]解説と違う画像が出ても、あわてないでくださいね。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]画面はひんぱんに変わるので、ご留意を。[/char]

 

レンタルサーバーの申し込み

 

ブログを始めるために、サーバーは欠かせません。

でも、サーバーってそもそも何なのでしょうか?

 

【単語の解説】 サーバーとは?

インターネット上の情報を収納する「倉庫」のこと。

ブログを表示するために、必要となる情報を格納しておく場所とお考え下さい。

有料のサーバーを申し込みますが、あなた専用の情報保管倉庫を借りるイメージ。

 

「サーバー」が理解できたところで、早速作業にかかりましょう。

 

エックスサーバーの申し込み

入力内容は、個人情報がメインです。

まずは、エックスサーバーのオフィシャルサイトを開きます。

こちらをクリック ⇒ エックスサーバー

 

下の画面が表示されますので、赤枠で囲んだ【お申込み】をクリックします。

 

さて、青枠で囲んだ「ドメイン0円」は要チェックです。

ドメインは有料とご説明しましたが、このキャンペーンに応募すれば無料で取得できるんですね。
(4/30まで、とありますが、この手のキャンペーンはしばしば行っているのでご安心を。)

この取得方法は、別記事でご紹介しておりますので参考にしてください。

ブログの作り方 ドメインを無料で取得する方法を分かりやすく解説

 

なお、このキャンペーンに申し込みが出来るのは、エックスサーバーの申し込みが完了後

まずはエックスサーバーに申し込みが必要なんです。

ドメインの取得は、それ以降の話になるのでご注意を。

 

「ん?ドメインって何?」と思ったあなた。

こちらをご覧ください。

 

【単語の解説】 ドメインとは?

インターネット上の「住所」のこと。

ドメインは、例えば下記URLの赤太字で表した部分です。

http://www.yahoo.co.jp

(なお、当ページのURLはhttps://www.nonkinato-san.com/です。この場合も赤太字がドメインですね。)

    

さて、作業を続けましょう。

先ほどの画面に続いて現れるのが下の画面です。

 

①、②の通り、メールの受信機会が2回あります。

メールアドレスの入力を求められますので、忘れずにご用意を。

 

この画面を下にスクロールしていくと、赤枠で囲んだ通り【お申し込みフォーム】が現れます。

こちらをクリックして先に進みましょう。

 

 

赤枠で囲んだ【10日間無料お試し 新規お申込み】をクリックします。

 

なお、この画像は「ドメインプレゼントキャンペーン中」のものです。

そのため、キャンペーンが終了すれば画面は変わるでしょう。

その時は【新規申し込み】ボタンを探してクリックしてください。

 

個人情報等の入力

サーバーの新規申し込みをクリックして現れるのが、下の画面です。

①.サーバーID
ここで入力する「初期ドメイン」は、ブログのドメインとしては使用しません
半角英数小文字で、分かりやすい(覚えやすい)ものであればなんでも結構です。

②.プラン
赤枠で囲んだ通り、X10で良いでしょう。
(後で上位プランへの変更もできますし。)

*プランの機能・価格はこの章の最後でご紹介しています。
先に知りたい方はこちらでご確認を。

③.メールアドレス
ご自身のメールアドレスを入力します。

 

④.登録区分
「個人」にチェックですね。

⑤.名前
ハンドルネームやニックネームなどを入力しないようにします。

⑥.~⑩.
個人情報ですが、指示に従って入力しましょう。
入力した会員情報が公開されることはないのでご安心を。

 

 

以上を入力したら、内容を確認したうえで⑪、⑫の規約等にも目を通しておきます。

規約等が読み終わったら、⑬にチェックを入れましょう。

 

入力内容の確認画面が現れますので、再度確認しておきます。

 

修正が無ければ、赤枠で囲んだ【お申し込みをする】をクリック。

012113

 

現れるのが下の画面です。

「メールを送信した」とありますので、忘れずに確認しましょう。

012114

 

重要な情報の確認

メールボックスを確認すると、エックスサーバーからのメールを受信しているはずです。

もし無ければ、迷惑メールも確認してください。

012115

 

メールの内容は、以下の画面の通りです。

このメールには、会員IDパスワードサーバーIDといった重要な情報が含まれています

何らかの形で記録に残しておきましょう。

 

ちなみに、こちらが「ユーザーアカウント情報」。

Xserverアカウント(旧インフォパネル)にログインする時に使用する会員IDとパスワードです。

なお、「ユーザーアカウント情報」に「インフォパネル」とありますが、

今は「Xserverアカウント」という名称になっています。

 

もう少し下にスクロールすると現れるのが「サーバーアカウント情報」です。

こちらはサーバーパネルにログインする時に使用するIDとパスワードです。

 

Xserverアカウントサーバーパネルにログインする時に使用するIDとパスワードは違うものです。

 

[char no=”1″ char=”よしみつ”]経験上お伝えしますが、後で必要になった時にこのメールを探すのって手間ですよ。[/char]

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]IDやパスワードの管理は、一覧にしてノートに書き留めているわね、私の場合。[/char]

 

なお、「FTPホスト」や「FTPユーザー」の意味は分からなくても大丈夫。

ブログを始める作業をする上で、何の問題もありません。

 

以上で、試用期間(10日間)は無料でエックスサーバーを利用出来る契約手続きが完了しました。

もう少しで終わりです。頑張りましょう。

 

支払料金の確認

契約が完了したら、すぐに支払い手続きを済ませたほうが良いと思います。

遅くとも10日の無料お試し期間内に済ませましょう。

 

支払いを忘れてしまい、にもかかわらず「あれ~、サーバーが利用できないっ」て言う人が結構いらっしゃるので。

なお、10日以内に支払いをしても、体験期間である10日間分は無料になるのでご安心を。

 

支払いの手続きをする前に、もう一度料金を確認しておきましょうか。

こちらが初回契約時の契約期間と支払金額。

 

こちらは契約更新時の契約期間と支払金額です。

 

支払い手続き

配信されたメールにあるXserverアカウント(旧インフォパネル)のURLをクリックしてください。
(下記赤枠で囲んだURLです。)

 

下の画面が表示されます。

①.会員IDまたはメールアドレス
受信したメールに記載の会員ID、もしくはあなたのメールアドレスを入力。

②.パスワード
受信したメールに記載のパスワードを入力。

③.入力内容に間違いなければ赤枠内の【ログイン】をクリック。

 

なお、受信したメールの会員IDやパスワードをコピペしても結構です。

 

ログインすると現れるのが、下の画面です。

赤枠の【料金のお支払い】をクリック。

012118

 

では、支払方法の選択をしましょう。

①.プランがX10であることを確認してチェックを入れます。

②.更新期間を選択。(6ヶ月以上をおすすめします。)

③.支払方法を選択します。銀行振り込み、クレジットカード、コンビニでの支払等々。

 

カードの自動引き落としを選択される場合はこちらから。

①.画面左端にある【決済関連】の中の【カード自動更新設定】をクリック。

②~④.現れた画面の②~④のカード情報を入力。

⑤.入力内容に誤りが無ければ【クレジットカードの登録(確認)】をクリック。

 

料金の支払い手続きが完了すると、支払いに関するメールが送信されます。

内容を確認しましょう。

012122

 

メールの内容は下の画面の通りです。

振込先等確認の上、さっさと振り込んでしまいます。

012123

 

振込が完了すると、以下の画面のような内容のメールが送信されます。

2017-01-22_060854

 

以上でエックスサーバーの申込み、支払い手続きは全て終了です。

お疲れ様でした。

 

今回のエックスサーバーの契約で、初めて投資(金銭的な負担)が必要となりました。

そして今後もブログを始めるまでに、投資が必要な場面が出てきます。

 

しばらくの間、飲み会やゴルフの打ちっぱなしに行く回数を減らさないと駄目でしょう。

ランチも〇〇の牛丼だったり、コンビニのおにぎり2個だけかもしれません。

 

ですが、その我慢が実を結ぶ時が必ず来ます。

その時の、

  • 飲み屋での大盤振る舞い
  • 勤務先の役員が利用するゴルフ倶楽部でのプレー
  • ステーキハウスや鮨屋でのランチ

を夢見て頑張りましょう。

 

プランと契約期間の確認

ここではエックスサーバーのプランと契約期間をご紹介します。

エックスサーバーには、機能の違いによってX10,X20,X30のプランがあります。

ということで、まずは機能の違いを確認しておきましょう。

 

プランごとの費用

ここで、各プランの主な機能を挙げておきます。

他にも違いはあるのですが、分かりやすい部分だけ抜粋しました。

機能/プラン名 X10 X20 X30 備考
月額費用 900円 1,800円 3,600円 利用料金(36ヶ月)、税抜き
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 初期サーバー設定費用、税抜き
無料お試し期間 有り 有り 有り 最大10日間無料
ディスクスペース 200GB 300GB 400GB Web + Mail に利用できるディスク容量
無料独自SSL 無料 無料 無料 ネット上の通信を暗号化する技術。
第三者に覗かれないようにする
仕組み。

 

各プランの主な違いは「月額費用」と「ディスクスペース」ですね。

おすすめしたX10はディスクスペースが200GBあります。

これからブログを始める方にとっては十分過ぎるほどの容量といえるでしょう。

 

[char no=”1″ char=”よしみつ”]サポートは充実しているし、表示速度も安定している。エックスサーバーは本当におすすめだよ。[/char]

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]中でも、費用対効果を考えてX10がお得というわけね。[/char]

 

元の位置に戻る

 

契約期間と費用

続いては契約期間を決めておきましょう。

こちらは初回契約時における契約期間ごとの費用です。

 

契約期間はそれぞれお考えがあるものと思いますが。

あなたが選択に迷うようであれば、一つだけアドバイスを。

 

ブログで「収益を上げる」ことを目的にしているのであれば。

厳しいことを申し上げるようですが、最低でも半年~1年はかかると思います。

 

そう考えると、6ヶ月以上の契約期間を念頭に、後はあなたの懐具合次第。

私自身は12ヶ月の契約期間を選択しました。

 

続いて契約を更新する時の料金体系が下の表です。

当たり前ですが、初回契約3ヶ月+更新時3ヶ月の計6か月よりも、同じ期間(6か月)を一括で支払った方がお得。

 

こちらもあなたの懐次第。私自身は、こちらも12ヶ月を選択しました。

以上、ご参考まで。

 

さて、サーバーの申し込みが終わったら、次は独自ドメインの取得作業です。

 

目次に戻る

 

独自ドメインの取得

独自ドメイン取得の作業に入る前に。

今後の作業工程を確認しておきましょう。

独自ドメインの取得も、作業は個人情報等の入力がメイン。

難しいところは無いので頑張りましょう。

 

この章では、独自ドメインを取得する方法を、

業界最大手であるお名前.com を利用してご案内する次第です。

 

ところでドメインとは? ここでもう一度ご説明します。

 

【単語の解説】 ドメインとは?

インターネット上の「住所」のこと。

ドメインというのは、例えば下記URLの赤太字で表した部分です。

http://www.yahoo.co.jp

(なお、当ページのURLはhttps://www.nonkinato-san.com/です。この場合も赤太字がドメインですね。)

 

つまり、「あなたのブログの住所(あなただけのドメイン)」を決めましょう!というのが今回の作業です。

 

ドメイン取得のための事前準備

ドメインは他人と同じものを使うことが出来ません。

そのため、あなたが考えているドメインが使えない!という可能性もあるんです。

また、お値段もバラバラ。

そこで、ドメインをよりスムーズに取得するために、事前に準備しておくものからご説明しましょう。

 

□あらかじめ準備しておくもの

 

  • ドメイン候補(複数)。
  • ドメイン使用のための予算(人気のあるドメインは高め)。
  • クレジットカード(支払いをカードでする方のみ。)。

 

この3つがあれば、作業を短縮することが出来ます。

なお、参考資料として、代表的なドメインの価格表を載せておきますから。(2020年1月18日時点)

ドメイン 初年度の登録料 更新料
.com 760円 1,280円/年
.jp 2,340円 2,840円/年
.net 899円 1,480円/年
.xyz 25円 1,480円/年
.work 1円 990円/年

 

じっくり価格を調べたい方はこちらをクリック。⇒料金一覧

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]どれを選べば良いのかしら?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]おすすめは.comかな。どれを選んでも効果に大差ないんだけどね。[/char]

 

なお、ドメイン選びで注意すべきは「更新料」

ブログは長く続けることで訪問者さんも増えますし、評価も上がります。

ですから登録1年目の単価だけで選ぶと、結果的に高い買い物になる可能性も!

ご注意ください。

 

ドメインの選択と決定

お名前.comの手続き画面も、たびたび変更することがあるのでご注意ください

とは言っても、大切な部分で入力する内容は変わりません。安心して取り組みましょう。

 

まずはこちらをクリック。(サイトにジャンプします。)⇒ お名前.com

下の画面が現れます。

 

①.希望の文字列を入力し、

②.ドメインを選択。

③.【検索】をクリック。

 

下の画面に切り替わるので、希望したドメインを確認。

今回は「.work」にしましたが、このようにチェックが入っていれば登録が可能です。

 

ちなみに、ドメインの下の白枠は「このドメインは空いていますよ。」というもの。

この画面でドメインを選択し直すことも出来ます。

希望したドメインだけが「選択した商品」となっていることを確認したら、【料金確認へ進む】をクリック。

 

なお、メールのアイコンのものは、「登録済みドメインなので、即時登録は出来ません。

空いたらメールでご連絡します。」というもの。

「.com」と「.info」は、この時はすぐに使えなかったんですよ。

いずれにしても、「白枠の部分のドメインしか使えない」と覚えておけば間違いありません。

 

こんな広告も表示されますが、【利用しない】にチェックが入っていることを確認しておきましょう。

(サーバーはエックスサーバを利用しますので、「利用しない」にします。)

 

下の画面が現れます。

①.【登録年数】を選択。(最短で1年です。1年のままで良いでしょう。)

②.【各種オプション】はチェックをしません。空欄のままでOK!

③.【メールアドレス】と【パスワード】を入力。
 *お名前ドットコムはセールスメールが多目。普段使わないアドレスを登録する事をおすすめします。

④.【次へ】をクリック。

 

ところで、【登録年数/プラン/オプションなど】に「Whois情報公開代行」の記載があります。

はて?これはいったい何でしょうか。

説明が難しいので、そもそもの「Whois」について解説した文章を引用します。

 

ドメインの登録者を検索する仕組みが「Whois」です。ドメインの空き状況を調べたり、トラブルが起きた際に管理者と連絡を取る目的で使用されています。全てのレジストラ(ドメインの発行元)はドメイン登録情報(Whois情報)を独占せずに開示するよう定められています。表示される内容はレジストラにより異なりますが、主に登録者名・登録年月日・有効期限(契約満了日)など、ドメインに関する情報と登録者の連絡先です。

引用:お名前.com|Whoisとは? Whoisの概要と使い道

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]Whois情報公開代行って、私の代わりにお名前.comがドメインの連絡先になってくれるってこと?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]そうなんだ。自分の個人情報をオープンにしないためにも、この表示があるかどうかは必ず確認したいね。[/char]

 

ここで登録した【メールアドレス】と【パスワード】は必ずメモに残しておきましょう。

 

個人情報等の入力

勤務先では今まで何度も入力した内容ですね。サラッと終わらせましょう。

 

①.個人情報を入力し、

②.【次へ進む】をクリック。

ここで入力するメールアドレスは、先ほど入力したものと同じものにしてください。

 

間違えたり不足があると、【警告】が表示されて、次に進むことが出来ません。

 

 

注意!

下の画面に記載した通り、画面右側部分は「ローマ字」で入力してください!

十分にご注意を。

 

 

続いて支払い情報を入力します。

①.カード情報を入力し、

②.【申込む】をクリック

 

このような画面に切り替わります。

私の場合は数秒で次の画面に切り替わりました。

 

宣伝の画面が現れますが無視!(エックスサーバーを契約していますので。)

【申込まない】をクリック。

 

【お申込みを受け付けました。】の画面になります。

赤丸で囲んだ部分をクリック。

 

以下の通り、警告文が表示されています。

登録したメールアドレスに配信されたメールを確認しましょう。

 

「【重要】[お名前.com]ドメイン情報認証のお願い」というタイトルのメールを開きます。

 

マーカーしたURLをクリック。

 

注意!

必ず2週間以内にメールを開いて、記載されたURLをクリックしてください。

 

このような表示が出ればOKです。

 

他にも、このように【[お名前.com]会員情報変更 完了通知】というメールが配信されているはず。

 

内容を確認すると、「お名前ID」が記載されていますね。

「お名前ID」は、この後の作業(サーバーと独自ドメインの紐づけ)で使用します。

この画面を開いたままにするか、メモに残しておきましょう。

 

以上で独自ドメインの取得は完了です。

お疲れ様でした!

 

目次に戻る

 

サーバーと独自ドメインの紐付け

 

まず初めに、ブログを始めるまでの工程を確認しておきますかね。

 

 

今回の作業は少々面倒な点もあるので、慎重に作業を進めましょう。

作業時間は、20~30分を見ていただければ。

 

[char no=”2″ char=”おー君”]ところでさ、今回の作業にはどんな意味があるのかな?[/char]

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]独自ドメインとサーバーを紐付ける作業?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]サーバーと独自ドメインに、お互いを認識させるための作業だと考えて。[/char]

 

今までに「サーバーの契約」と「独自ドメインの取得」という作業を行ってきました。

ただこのままですと、お互いがお互いを認識していないんですよ。

 

ですからサーバーに、「(あなたの)ドメイン(独自ドメイン)は〇〇だぞ」と設定する。

そして独自ドメインに対しては、「(あなたの)サーバーは△△だから」と設定する。

これらの設定をすることで、お互いがお互いを認識し、

ネット上に「あなたのブログ」用の場所が出来ることになるんですね。

 

お名前.com側のエックスサーバー設定

作業をする意味が分かったところで、早速始めることにしましょう。

では、お名前.comの管理画面にアクセスします。 ⇒ お名前.com

 

トップページが表示されたら、画面右上の【お名前.com Navi ログイン】をクリック。

 

①.【お名前ID】、

②.【パスワード】を入力して、

③.【ログイン】をクリック。

 

お名前ID?パスワード?となった方へ。

 

お名前IDはどこにあったっけ?

お名前.comから配信された【[お名前.com]会員情報変更 完了通知】というタイトルのメールにあります。

こんな内容です。

 

パスワードはどこにあったっけ?

お名前.comで独自ドメインを取得した時のものです。

その時の画面がこちら。

 

お名前.com Navi の画面にログインしたら、内容を確認。

誤りが無ければ、【次へ】をクリック。

 

人を驚かせるような表示が出ますが無視します。

【このページを離れる】をクリック。

 

デカデカと表示される広告も無視。右上の×をクリック。

 

こんな画面になったら、「ドメイン名」をクリック。

 

あなたが取得したドメインの詳細情報が表示されます。

変更するのは「ネームサーバー情報」なので、【変更する】をクリック。

 

ネームサーバーの変更画面になります。

①.ドメイン名の前にあるをクリックしてチェックを入れ、

②.【他のネームサーバーを利用】をクリックしてチェックを入れます。

 

下の画面が現れます。

①.ネームサーバー情報を入力し、

②.【確認画面へ進む】をクリック。

という手順で進みます。ここが今回の作業の山場と言えるでしょう。

 

入力する情報は、エックスサーバーに契約した方は全員共通です。

こちらをコピペしてお使いください。あくまでも【】の中だけですよ。

ネームサーバ1 ns1.xserver.jp】   
ネームサーバ2 【ns2.xserver.jp
ネームサーバ3 【ns3.xserver.jp
ネームサーバ4 【ns4.xserver.jp
ネームサーバ5 【ns5.xserver.jp

 

 

①で入力し終わったものが以下の画面です。

 

ちなみに、この「ネームサーバー情報」は以下に記載があります。

「ネームサーバー情報」はどこにあったっけ?

エックスサーバーのサーバーパネル」にログインし、【サーバー情報】をクリック。

 

以下の通り、エックスサーバーのサーバー情報に記載されています。

 

ネームサーバー情報を入力して【確認画面へ進む】をクリックすると、下の画面が現れます。

間違いなくコピペ出来ていたら、【設定する】をクリック。

 

手続きをしてくれます。待ち時間は数秒~数十秒。「あ~」という間です。

 

この画面が出て「状態」が【完了】になっていたら、お名前.com側の設定は終了です。

 

なお、このようなタイトルのメールが配信されます。

 

内容はこちら。

あわせてチェックしてください。(このメールに対する作業はありません。)

 

[char no=”2″ char=”おー君”]あ~、結構しんどかった。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]続いての作業は楽だよ。もう少しだから頑張って![/char]

 

次の作業に移る前にご注意を!

ご注意!

ネームサーバーの反映にどのくらいの時間がかかるか、ですが。

数分~数時間のこともあれば、24時間~72時間かかることもあるんですね。

いずれにしても、この反映が終わらないとブログが表示されません。

「あれっ?サイトが表示されない!」と思っても、失敗ではありません。

そんな時は数時間待ってみてください。

 

 

エックスサーバー側の独自ドメイン設定

続いては、エックスサーバー側の作業に移ります。

こちらの作業は簡単ですから。

 

エックスサーバーのサーバー画面にログインします。

こちらからログインして始めてください。 ⇒ エックスサーバー

 

現れたのは、あなたも思い出されたであろう画面です。

①.【ログイン】にマウスポインタを当てる。

②.展開したメニューの中から【サーバーパネル】をクリック。

 

 

下に表示した【サーバーパネル)】の画面に切り替わります。

①.サーバーID

②.以前登録したパスワード

③.上記に誤りが無ければ【ログイン】をクリック。

 

サーバーID?サーバーパネルパスワード?となった方へ。

 

サーバーIDやパスワードって何だっけ?

以前エックスサーバーを契約した時に、メールが配信されています。

 

その内容がこちら。

 

IDやパスワードが記載されているのは、「サーバーアカウント情報」と「ユーザーアカウント情報」です。

今回利用するのは、「サーバーアカウント情報」のIDとパスワードです。

お間違えの無いように。

 

 

サーバーパネルにログインしたら、画面右側にある【ドメイン設定】をクリック。

 

【ドメイン設定追加】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

①.お名前.comで取得したドメイン名を入力。(http://の部分は不要)

②.【無料独自SSL・・・】と【高速化・アクセス数拡張機能・・・】にチェックが入っていることを確認。
 * チェックが入っていなければ、部分をクリックしてチェックを入れてください。

③.【確認画面へ進む】をクリック。

 

「独自SSLの利用」は無料です。やっておく事をおすすめします。

また、ブログの高速化・アクセス数拡張の機能も有効にしましょう。

 

【単語の解説】 

(無料)独自SSL

インターネット上で情報を暗号化し、送受信する際の手順や規約などの約束事。
クレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできる。

★ 高速化・アクセス数拡張機能

Webサイトの高速化や、大量アクセスへの耐性強化を行うことができる独自開発の高速化機能。
訪問者さんのためになるし、運用者にとってもうれしい機能。

 

以下の画面に切り替わるので、一番下にある【追加する】をクリック。

 

独自ドメインの設定が完了しました。

 

「無料独自SSL」の設定や、Xアクセラレータ(高速化・アクセス数拡張機能)も有効になっていますね。

以上でエックスサーバー側でのドメインの設定も終了です。

つまり、ドメインとサーバーの紐付けが完了した、ということになります。

お疲れ様でした。

 

独自SSLの設定

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]ちょっと!「お疲れ様でしたぁ」じゃないわよ!こんな表示が出てるんだけ怒![/char]

 

[char no=”1″ char=”よしみつ”]あ~、ご心配なく。こんな場合の設定についても説明するから。[/char]

 

このような表示が出た場合の「独自SSL」の設定をしてしまいましょう。

本当に簡単に、すぐ終わる作業ですから。

 

「無料独自SSLの設定に失敗しました」とありますが、気にせず【SSL設定】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

赤丸で囲んだ【独自SSL設定追加】のタブをクリック。

 

①.独自SSLを設定するドメインを選択し(初めての方は1つしかないはずです。)

②.【確認画面へ進む】をクリック。

 

画面が切り替わるので、内容を確認したら【追加する】をクリック。

 

【SSL新規取得申請中です。】と表示が出ます。

大人しく待ちましょう。(本当に数分で済みますんで。長くても1時間程度でしょうか。)

 

以下の画面が出れば、独自SSLの設定は終了です。

 

以上の作業を持ってサーバー側の作業も終了です。

つまり、ドメインとサーバーの紐付けが完了したということですね。

お疲れ様でした。

 

目次に戻る

 

WordPressのインストール

続いての作業は「WordPressのインストール」です。

ブログを始めるまでもう少し。頑張りましょう。

 

 

今回の作業を行うことで、ブログを始めるための基礎ができることになります。

WordPressは、サーバーにインストールすることで使えるようになるわけですから。

 

なお、エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能があり、操作は簡単。

手順通りに操作すれば、作業は短時間で終了します。

 

エックスサーバーを使ったインストール

インストールそのものは、エックスサーバーから行います。

カタカナ用語が多用されますが、実際の作業で難しい場面はありません。

 

まずはこちらをクリック。

エックスサーバーの画面に飛びます。 ⇒ エックスサーバー

 

管理画面の【ログイン】にマウスポインタを当てるとメニューが展開します。

赤枠で囲んだ【サーバーパネル】をクリック。

 

下の画面が現れます。

【サーバーID】と【サーバーパネルパスワード】を入力後、【ログイン】をクリック。

 

ところで、【サーバーID】と【サーバーパネルパスワード】ですが。

エックスサーバー契約時に配信されたメールに記載されていましたね。

こんなタイトルのメールでした。

 

そして、こういう内容でした。

 

IDやパスワードが記載されているのは、「サーバーアカウント情報」と「ユーザーアカウント情報」。

今回利用するのは、「サーバーアカウント情報」のIDとパスワードです。

お間違えの無いように。

 

間違いなく【サーバーID】と【サーバーパネルパスワード】を入力し、ログイン出来ましたか?

では作業を続けましょう。

 

インストールのための入力作業

ログインすると現れるのが以下の画面です。

赤枠で囲んだ【WordPress簡単インストール】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。(初めての方は、1行のみです。)

あなたが取得したドメインの、右側にある【選択する】をクリック。

 

下の画面が現れますので、【WordPressインストール】のタブをクリック。

 

下の画面が現れますので、順番に入力していきます。

①.【サイトURL】
  入力は不要です。そのままにしておきます。

②.【ブログ名】
  好きな名前を。(後で変更可。悩むのは時間の無駄です。)

③.【ユーザー名】
  WordPressの管理画面にログインするためのもの。アルファベットと数字の組み合わせが良いでしょう。

④.【パスワード】
  同上。セキュリティを考慮し、アルファベットと数字を組み合わせた8文字以上がおすすめ。      

⑤.【メールアドレス】
  あなたのメールアドレスを。

⑥.【キャッシュ自動削除】
  「ON」のままでOKです。

⑦.【データベース】
  こちらも「自動でデータベースを生成する」のままでOK。

⑧.以上の入力内容に、漏れや誤りがなければ【確認画面へ進む】をクリック。

 

 

なお、③,④で入力する【ユーザー名】と【パスワード】ですが。

こんな風に、WordPressにログインする時に使います。

 

そのため、ユーザー名、パスワードは必ずメモを取って管理しましょう

このユーザー名とパスワードを忘れると、WordPressにログインできませんので。

 

では作業を続けます。

下の画面が現れるので、入力内容を確認して【インストールする】をクリック。

インストールが完了したら、表示された情報はメモを取っておきます。

メモを取っておくのは、以下の3つ。

 

  • WordPress管理画面のURL
  • WordPress管理画面のログインID(先ほど入力したログインID)
  • WordPress管理画面のパスワード(先ほど入力したパスワード)

 

なお、このような表示が出ることがあります。

 

これは、何らかの理由で【インストールする】を複数回クリックしたために起こるもの。

 

この表示が出たら、赤丸で囲んだ【インストール済みWordPress一覧】のタブをクリック。

無事インストールは完了していますね。

 

赤枠で囲んだ【サイトURL】をクリックしてみましょう。

お~!あなたのブログ(初期設定の画面)が出来ていますよ。

 

最後に、WordPressのログイン画面をブックマークに追加しておきましょうか。

今度は赤枠で囲んだ【管理画面URL】をクリック。

 

こちらの画面が現れます。

ブログの記事を書く場合、この画面からログインすることになるんですね。

この画面を利用することになりますので、ブックマークに追加しておきます。

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]ブックマークってどうやれば良いの?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]Google Chromeを使っている場合で説明するね。[/char]

 

管理画面を開いたまま、パソコンのモニター画面右上をご覧ください。

以下の通り星印があります。この星印をクリック。

 

以下の画面で【完了】をクリック。

 

モニター画面上部にこのような表示が出ます。

今後はこれをクリックすれば、管理画面がすぐに出てきて便利という訳ですね。

 

WordPressの表示と確認

折角だからログインしてみましょうか。

①.WordPressをインストールするときに決めたユーザ名を入力。

②.パスワードも上記と同時に決めたものを入力。

③.赤丸で囲んだ部分をクリックしてチェックを入れ、

④.【ログイン】をクリック。

 

WordPressへようこそ!と心からの敬意をもって迎えてくれました。

 

以上をもって、WordPressのインストール、およびその確認作業は終了です。

 

さて、いよいよWordPressをエックスサーバーにインストールしました。

今までブログ構築の時間が取れなかったり、慣れない単語に苦しんだりしたのではないでしょうか。

ですが、やっとあなたの苦労が報われた日を迎えました。

これからさらに、様々な作業を行っていきますが、本日はスタートラインに立てたことをお祝いしましょう。

 

お疲れ様でした。そして、WordPressデビューおめでとうございます!

 

目次に戻る

 

テーマの変更

 

今回は、WordPressのデザインや機能、構成を変える【テーマ】についてです。

 

既にWordPressのインストールは完了したので、記事は書ける状態なんですね。

ただ、WordPressのテーマを変更することで、見た目が変わります。

また、検索上位に表示される機能なども組み込まれているんですよ。

ですので、テーマは変更する事をおすすめします。

 

テーマとは何か

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]本や映画でいう「テーマ」(主題)とは違うの?[/char]

[char no=”2″ char=”おー君”]もうちょっとイメージしやすいように説明してもらえませんかねぇ?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]了解。こんなイメージでどうかな?[/char]

 

 

イラストでも表した通り、人はスーツを着れば会社員になり、白衣を着れば医療関係者になり、作業服を着れば工事現場の従事者になります。

WordPressに置き換えて考えれば、【テーマ】とはデザインや機能、構成を変えるためのものなんですね。

 

私自身のおすすめはこちら ⇒ 【賢威】

賢威をおすすめする理由や変更方法についてはこちらの記事に書きました。

 

【必見!】ブログ初心者向けテーマ5選 おすすめのポイントと変更方法

ここでいう【テーマ】とは、ブログ全体のひな形のこと。 そして、初心者におすすめの【テーマ】とは?

 

ただし、賢威は27,280円(税込み)とお値段高め。

そこで、

 

  • ブログで稼ぐ人たちもおすすめしている。
  • 機能も充実。検索で上位に表示させるための施策もバッチリ。
  • 無料。

 

という【Cocoon】を例に、テーマの変更手順をご紹介しましょう。

基本的にはCocoon以外のテーマも、変更は同様の手順で出来ますので。

 

まずはこちらをクリックし、Cocoonのサイトを見てみましょうか。⇒Cocoon

こちらの画面が現れます。

右端の【スキン動作デモ】の赤丸部分をクリックすると、

変更可能なデザインの一覧が表示されます。

 

そのデザイン一覧がこちら。

 

これは「サムライブルー(勝ち色)」を選択した場合のデザインです。

色々試して、お好みのものを探してください。

 

 

ダウンロードする前の確認作業

デザインが決まったら、「ダウンロード」をクリック。

 

下の画面に切り替わるので、利用規約は確認しておきます。

 

問題なければ前の画面に戻り、ダウンロードしましょう。

と思いきや、こんな注意が!「PHP7」「WordPress5.3」とは何のことか?

要は、利用するブログ環境(サーバーやWordPress)のバージョンとお考え下さい。

これから始めようとする方のブログ環境は、最新のバージョンになっているはず。

特に問題ないと思います。

ですが、PHPやWordPressのバージョンを確認する方法は、覚えておく方が良いでしょう。

 

PHPやWordPressのバージョンを確認方法

PHPはエックスサーバーから確認します。

サーバーパネルからログインしてください。

 

サーバーパネルの中の、【PHP Ver.切替】をクリック。

 

該当するドメインの【選択する】をクリック。

 

下の画面が現れて、PHPのバージョンが確認出来ます。

現在のバージョンは「7.2.29」ですので、問題はありませんね。

 

続いては、WordPressのバージョンを確認します。

【ダッシュボード】の中にある「概要」に記載されています。

こちらも問題ありませんね。

 

Cocoonのダウンロード

ダウンロードするのに問題ないバージョンであることが確認出来ました。

改めて作業にかかりましょう。

なお、ダウンロードは「親テーマ」と「子テーマ」の両方を行います。

 

【単語の解説】 「親テーマ」、「子テーマ」とは?

親テーマ:WordPressブログの、見た目を整えるためのもの。

子テーマ:カスタマイズ用のテーマ。

親テーマを直接カスタマイズすると、テーマのバージョンアップによってカスタマイズがリセットされてしまいます。

子テーマをカスタマイズすれば、テーマをバージョンアップしてもカスタマイズは維持されるのです。

そのため、カスタマイズは必ず子テーマで行ってください。 

 

「親テーマ」と「子テーマ」についてご理解いただいたところで。

まずは親テーマをダウンロードします。

 

続いて子テーマもダウンロードしましょう。

 

親・子テーマをダウンロードすると、ディスプレイ左下に下の画面が現れます。

ちゃんとダウンロードできたようですね。

 

Cocoonのインストール

ダウンロードが完了したら、これらをインストールします。

WordPressの管理画面から【外観】にマウスポインタを当て、【テーマ】をクリック。

 

テーマの一覧が表示されますが、【新規追加】をクリック。

 

切り替わった画面の【テーマのアップロード】をクリック。

 

下の画面が現れます。

赤枠で囲んだ【ファイルを選択】をクリック。

 

先程ダウンロードしたCocoonの親・子テーマを探してください。

 

まずは親テーマを選択し、【今すぐインストール】をクリック。

 

インストールが完了すると、以下の画面になります。

続いて子テーマをインストールしたいので、【テーマのページに戻る】をクリック。

 

子テーマのインストールが完了したら、【有効化】をクリック。

 

以下のように、Cocoonの親・子テーマが有効化されていれば完了です。

以上で、テーマの変更作業は終了です。

この記事ではCocoonを例にとりましたが、他のテーマでも変更方法はほぼ同じ。

自分のブログをお好みのテーマに変更してください。

 

目次に戻る

 

最低限必要なWordPressの初期設定

WordPressをインストールし、テーマを変更して、いよいよブログ生活を始めよう!というところまで来ました。

すぐにでも記事を書いてみたいところですが、その前に最低限の設定を済ませましょう。

その最低限の設定とは、以下の3つになります。

 

WordPressをインストールしたらやっておきたい3つの設定
URLの変更

  SSL化に伴う設定

パーマリンクの設定

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]言葉の意味すら分からない作業ばかりなんだけど…。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]不安は分かるけれど、「取り敢えず作業する。」事をおすすめするよ。[/char]

 

スマホの仕組みが分からなくてもLineや電話、メールを使いこなしていますよね。

車が動く仕組みを正確に理解していなくても、運転は出来るでしょ?

それと同じことだとお考え下さい。

「よくわからないけれど、取り敢えず作業をする。」気持ちが大切かと。

 

ご紹介する3つの設定は、記事を書いてしまった後でやろうとしても、何かと面倒な作業ばかり。

ですので、必ずWordPressをインストールした後(記事を書く前)にやってしまいましょう。

 

ブログURLの変更

まず初めに、ブログのURLを変更します。

ここで1つ注意を。

 

注意!
この作業は、エックスサーバーでSSL化を済ませた方のみ行ってください。

(SSL化の作業は、「サーバーとドメインを紐付ける」作業の中で行っているはずですが。)

 

サーバーとドメインを紐づける作業の中で、既にSSL化は済んでいますよね?

その前提で作業を進めます。

インストールしたWordPressにログインしましょう。

①.ユーザー名

②.パスワード

③.【ログイン】をクリック。

 

この画面はどうやったら出るんだっけ?という方へ。

エックスサーバーにWordPressをインストールした時に設定したものです。

ブックマークをお願いしたんですが、忘れちゃいましたか?

であれば、下の〇〇〇〇の部分にあなたのドメインを入れてください。

ちなみに、ドメインって□□□.comとか△△▽▽.xyzとかってやつですよ。

 

  https://〇〇〇/wp-login.php/  

 

その上で、コピぺして(コピーしたうえでGoogleの検索バー:下の赤枠内に貼り付けて)アクセスしてください。

 

今後は頻繁に利用する画面なので、メモに残すかブックマークする事をおすすめします。

 

ユーザー名やパスワードって何だっけ?という方へ。

こちらもエックスサーバーにWordPressをインストールした時に設定したものです。

その時の画面がこちら。(③のユーザー名と④のパスワードを入力します。)

これでも思い出せない場合は、画面の【パスワードをお忘れですか?】をクリックして、再発行の手続きをとりましょう。

 

ログイン出来ましたか?

では作業を続けましょう。

最初に現れるのがこちらの管理画面(ダッシュボード)です。

 

 

左側をご覧ください。

①.【設定】にマウスポインタを当てるとメニューが展開します。

②.その中の【一般】をクリック。

 

【一般設定】の画面に切り替わります。

修正するのは「キャッチフレーズ」と「WordPressアドレス(URL)」、「サイトアドレス(URL)」の3ヵ所。

 

【キャッチフレーズ】は、ブログを上位表示させるうえで大切な個所。

不要な文字は削除してしまった方が良いです。

 

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の「http://〇〇」の部分ですね。

ここのhttpにsを付けて「https://〇〇」にしましょう。

これをしないと、サーバー側でSSL化した意味がなくなりますので。

 

作業が完了すると、こんな表示が。

 

なお、作業終了後はこうなります。

 

作業のまとめ
★ キャッチフレーズの欄に記載されている「Just another WordPress site」の削除。

★ WordPressアドレス(URL)の「http://〇〇」に、sを付けて「https://〇〇」にする。

★ サイトアドレス(URL)の「http://〇〇」に、sを付けて「https://〇〇」にする。

以上で、ブログのURL変更作業は終了です。

 

httpからhttpsへのリダイレクト設定

続いてやるのがこちらの作業。

「http://」から始まるURLでブログを検索された場合でも、設定した「https://」のURLに転送するように設定します。

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]ん~?どういうことかしら???[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]引越しした時に郵便物を転送してくれるサービスがあるでしょ。あのイメージだね。[/char]

 

まずはエックスサーバーの画面を開きます。(こちらをクリックしてジャンプ。⇒エックスサーバー

【ログイン】にマウスポインタを当てて、展開したメニュー【サーバーパネル】をクリック。

 

サーバーパネルが開いたら、【.htaccess編集】をクリック。

 

今回取得し、設定するドメインの横にある【選択する】をクリック。

 

「.htaccess編集」の画面が現れますので、【.htaccess編集】のタブをクリック。

 

何やら意味不明の文字が並ぶ画面が現れます。

赤枠で囲んだ部分に文字列を挿入します。

なお、あなたが御覧になっている画面の文字列とは異なるかもしれませんが、作業は同じですから。

 

挿入する文字列はこちら。コピペしてお使いください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

 

ここでも注意を!

注意!
もともと記載されている文字列を(うっかり)消してしまうと、ブログが表示されなくなる恐れが!

慎重に作業してください。

記載されている文字列をメモ帳アプリにコピーして、「万一」に備えましょう。

「メモ帳アプリ」はWindows10の場合、【スタート】⇒【Windows アクセサリ】⇒【メモ帳】で起動してください。

 

とはいえ、出来ればメモ帳アプリにコピーしたものに出番を与えたくないですからね。

少々くどくなりますがお付き合いください。

 

まずは、挿入する部分にキーボードの「enterキー」でスペースを作ります。

6つ分もあれば十分でしょう。

 

挿入する部分にカーソルを置き、位置を確認します。

上2行の文字列から1スペース分空けた位置に、カーソルがあるのがお判りでしょうか。

 

先程の文字列をコピペした状態です。

下の余白部分はキーボードの「back space」キーで削除しておきましょう。

 

下の画面が完成形。

挿入した文字列の上下に、それぞれ1スペース分空けた状態です。

 

落ち着いてやれば難しくない作業ですが、意外にも多くの方が文字列をうっかり削除してしまう、という失敗をしています。

繰り返しになりますが、もともとの文字列は必ず作業前にコピーしておいてください。

 

 

では作業に戻りましょう。

文字列を挿入してスペースの調整が終わったら、【確認画面へ進む】をクリック。

 

確認出来たら【実行する】をクリック。

 

このような表示が出ます。

 

 

 

以上でhttpからhttpsへのリダイレクト設定は終了です。

 

[char no=”3″ char=”かーちゃん”]これでSSLに関する設定はすべて終了かしら?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]うん。お疲れ様でした。次の作業は楽だから一気に片づけよう![/char]

 

作業のまとめ
★ エックスサーバーで.htaccess編集を実施。

この作業により、「http」のURLでアクセスしてきた方々が、変更した「https」のURLに転送されるようになる。

 

 

パーマリンクの設定

[char no=”2″ char=”おー君”]は?パーマリンク?一体なんですか?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]パーマリンクとは、作成した投稿記事などのURLの一部を指すんだよ。[/char]

 

この「パーマリンクの設定」は、ブログに記事を書く前段階の設定として非常に重要なもの。

そもそも、記事を書き溜めた後でパーマリンクを変更すると、それまで書いた記事のURLが全て変わってしまいます。

それがどんな意味を持つのか?

 

読者が記事に興味を持って、ブログをブックマークした場合でも、

パーマリンクが変わればアドレスが変わってしまうので、

ブックマークした以前のアドレスではヒットしません。

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]美味しいお店の住所が変わって、全く知られていない土地で営業再開するようなモノかしら?[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]その通り。それまでの評判がすべてパーになってしまう点も似ているね。[/char]

 

パーマリンクの設定がいかに大事な作業であるか、お分かりになったと思います。

そして、記事を書く前に行うべき作業であることが。

さらに、一度設定したパーマリンクは極力変更しない方が良いことも。

 

そのパーマリンク設定に当たって重要なのは以下の2点。

 

  • 意味のある単語が使用された、シンプルなものであること。
  • 人が論理的に理解できるものであること。

 

ただ、設定作業はあっという間に終わるほど簡単

早速作業に入りましょう。

 

まずはWordPressにログインします。

①.【ユーザー名またはメールアドレス】を入力し、

②.【パスワード】を入力したら、

③.【ログイン】をクリック。

 

ダッシュボードの画面が現れます。

①.【設定】にマウスポインタを当てて、

②.展開したメニューの中の【パーマリンク設定】をクリック。

 

パーマリンク設定の画面が出たら、

①.【カスタム構造】にチェックを入れ、

②.【%postname%】をクリック。

③.カスタム構造のURL末尾に「%postname%」が入ったことを確認します。

ちなみに、カスタム構造の「%postname%」にすることで、投稿した記事タイトルを引っ張ってきてくれます。

それを自由に編集しましょう。

 

これ以外を選択すると、記事を投稿した年や月が入ったり、単なる数字が入ったりするんですよ。

記事を投稿した年や月は、書き直せば変わってしまいますよね。

また、単なる数字は、人が論理的に理解できるものではありません。

よく理解できなくても、ここは【カスタム構造の「%postname%」】一択で。

 

入力の確認が出来たら、画面一番下にある【変更を保存】をクリック。

 

このような表示が出ます。

 

以上で作業は終了です。

では実際に、パーマリンクをどのよう設定するかをご案内しましょう。

 

タイトルを入力し、【下書きして保存】をクリックした状態です。

タイトルの「WordPress」が、パーマリンクにも反映されているのが分かります。

 

こちらは日本語のタイトルを付けた場合。

 

日本語ですと文字化けするので、必ず【英数字(もしくはローマ字)】で作成してください。

長くなる時は「-(ハイフン)」でつなぎます。

【編集】をクリックして、好きなタイトルを入れましょう。

上記のタイトルでいえば「WordPress-Install」や「shosinnsha-WordPress」のようにすれば良いかと。

 

作業のまとめ
★パーマリンクを設定する。(カスタム構造の「%postname%」を選択。)

なお、記事を書いた時にはパーマリンクを「英数字(もしくはローマ字)」で設定し、日本語は使わない。

長くなる場合には「-(ハイフン)」でつなぐ。

また、一度設定したパーマリンクは極力変えないようにする。

 

以上で、WordPressをインストールしたら設定していただきたい3つの作業をご紹介しました。

見慣れない単語のオンパレードでお疲れかと思いますが…。

ブログの基礎は着実に固まっていますよ。

 

なお、繰り返しになりますが、ご紹介した3つの作業は必ずWordPressインストール直後に行ってください。

記事を複数作成した後に設定しようとすると、不都合なことがあったり、面倒な作業をすることになりますから。

 

目次に戻る

 

「エックスサーバー」「お名前.com」選択の理由

では最後に、サーバーはエックスサーバーを、ドメイン取得は「お名前.com」を選んだ理由をお伝えします。

 

エックスサーバーを選択する理由

最初はエックスサーバーをおすすめする理由から。

エックスサーバーは有料ですからね。

納得できる理由がないと、お金を払う気になりませんし。

 

ということで、おすすめの理由はこちら。

なぜエックスサーバーをおすすめするのか。
  • サポートが充実している。
  • 表示速度が安定している。
  • 十分なセキュリティ対策が取られている。

 

詳細については、こちらをクリックすれば該当記事までジャンプします。 ⇒ ここをクリック!

前述の通り、サーバーとは「インターネット上の情報を収納する倉庫」です。

ブログの記事などは、このサーバーにアップロードして公開されます。

 

ところで、あなたはブログを始めると決めた時に、こんな不安がありませんでしたか。

「わからないことだらけなんだけど…。本当にブログを始められるの?」

 

そんな不安も、エックスサーバーならば解消してくれます。

例えばこんなサービス。

 

そしてその問い合わせ先。

 

分からないことがあれば、専門家に質問出来る」のは、

50代がブログを始めるうえで大きなメリットとなるでしょう。

 

また、利用者が多いほうが、参考にする例も多くなりますよね。

エックスサーバーは国内シェアもトップなので、その点も安心。

こちらの記事には、シェア率が記載されています。⇒ エックスサーバーのシェア率

 

[char no=”4″ char=”カーちゃん”]パソコンに詳しくないから、ブログを始められるかすごく不安なんだけど…。[/char]

[char no=”1″ char=”よしみつ”]私もパソコンは苦手。その私がエックスサーバーをおすすめする理由が「充実したサポート体制」なんだ。[/char]

 

お名前.comを選択する理由

おすすめの理由として挙げたいのが、充実したサポート体制。

それに加えて、利用者が多い分、解説するサイトが多いこと。

つまり、分からないことがあったら誰かに聞ける環境がある、という点ですね。

 

こんな形で利用者のニーズに応えています。

 

不明な点があれば、電話で問い合わせ出来るのもうれしいですね。
(コロナの影響で休止していた電話対応業務も、6/8(月)から一部再開されています。)

 

50代でブログを始めようとすると、分からないことが沢山あるんですよ。

そんな時に有難いのは、「サポート体制」ではないでしょうか。

 

例えば、サーバーであれば機能の優劣、ドメインであれば価格差。

そういった点も大切ですが、いくら優れた機能があっても。そして、いくら安い価格でも。

「サポート体制」に不安があると、ブログ構築そのものまで不安になってしまいますから。

 

以上の理由から、サーバーやドメインに既述のものをおすすめする次第です。

 

最後に 50代がブログで稼ぐうえでの注意点

最近では、国が「働き方改革実行計画」を踏まえて、普及促進を図っている副業や兼業。

前述の通り、その副業の中でも関心が高まっているのが「ブログで稼ぐこと」。

でも、ブログで稼ぐうえでの注意点もあるんです。

 

記事の本質から外れますし、最後にちょっとキツイ内容ですけど。

でも、これからブログを始めるにあたって最初が肝心。

是非ご確認ください。

 

ブログで稼ぐための注意点

★ 稼げない、と悲観したりイライラしたりしない。(最低でも1年間は、稼げないと思ってください。)

★ 無料でブログをやることにこだわらない。(先行投資は必要です。無料にこだわる方は厳しいです。)

★ 素直に実践できない人。(ブログで稼いでいる人の多くは20~40代。若い方々の教えを素直に実践できないと稼げません。)

 

注意点と言ってみたものの、この程度のことです。

バブルがはじけ、厳しくなっていく経済環境の中で勤務し続けた50代にとっては、つまらない注意点でしたね。

いずれにしても、これらを頭の片隅においてブログを始めれば。

 

  • 自分の好きなことを書いて
  • 在宅で
  • 他人に知られず
  • 誰の指図も受けない

 

といったメリットのある副業で、成功するチャンスがあるということです。

人生の後半戦を明るく楽しいものにするために。

お互いに、チョット気合を入れて頑張りましょうよ。

 

 

「WordPress」でブログを始めたい?

そんなあなたにおすすめなのは「エックスサーバー」!

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の高性能レンタルサーバー。

初心者にも安心の、手厚いサポートも付いています。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました